The Kurima languageA Story of Kurima (1)

nkyaan=na ira nnya

kaa=yu uri kuu=tii=naa=du nn

ffa-nukyaa=yu=baa iki midzɿ=nu nyaa-n-niba pyaa-kari ikii

kaa=yu uri kuu=tii=naa azzi-ba

nn oo=tii nnya azzi tssi mid=dzya fumi iky=aa

nn yaadi=n=na tsɿkaasɿmi tsɿkaasɿmya=a sii-utii=du

nnya mataa pai=nu noo=ya

mafkyaabari puɿkaa

nagamamtsɿ=nu ara puɿkaa

ikibari puɿkaa=tii nnya mɿ-tukuna=a nnya tsuffy-uutii

nnya mm=ma kadzi ikii=ya unu midzɿ=n arai

suu=yu=mee mmna arai nnya ansi kami ccy=aa

nii foo foo sɿ-taz=zyu

nnya mata noo=yu=mee=tii

uma=n aroo-taɿ suu=yu=ba mutsi tssi

kaa=kara fumi tssɿ-taɿ midzɿ=sii yusɿtsɿ-gama=a sii

yusɿtsɿ-gama=a sii=naa nii=ya foo foo sii u-taz=zyu

んきゃーんな いら んにゃ

かーゆ うりくーてぃーなーどぅ んー

っふぁぬきゃーゆばー いき みずぬにゃーんにば ぴゃーかり いきー

かーゆ うりくーてぃーなー あっじば

んー おーてぃー んにゃ あっじ ^ちしー みっじゃ ふみ いきゃー

んー やーでぃんな つかーすみ つかーすみゃー しー  うてぃーどぅ

んにゃ またー ぱいぬ のーや

まふきゃーばり ぷす゜かー

ながまんつぬ あらぷす゜かー

いきばりぷす゜かーてぃー んにゃ み゜とぅかなー んにゃ つっふゅーてぃー

んにゃ んーまかじいきーや うぬみずん あらい

すぅーゆめー んーな あらい んにゃ あんし かみっちゃー

にーふぉーふぉー すたっじゅ

んにゃ また のーゆめーてぃー

うまん あろーたす゜ すぅーゆば むち ^ちし

かーから ふみ つすたす゜ みずしー ゆすつがまー しー

ゆすつがまー しーなー にーや ふぉーふぉー しー うたっじゅ

昔はね

井戸を降りて来いと、えっと

子どもたちに、水がないので、急いで

井戸を下りて来いと言ったら

「はい」と言って、来て水を汲んで行っては

家族に使ってもらっていて

また、南の、何?

マヴキャーバリの池(puɿkaaは「掘り井戸」で溜め池のこと)

ナガマ道の新池

イキバリの池と言って、三箇所を作っておいて

芋を掘って行っては、その水で洗って

野菜をも全部洗って、そのように頭に乗せて運んで来ては

煮て食べたりしていたよ

また、何でもと

そこで洗った野菜を持って来て

井戸から汲んできた水で少し濯いで

少し濯いで、煮て食べたりしていたよ